javascript: 2009年8月まとめ

for文とgetElementByIdとclassNameを利用して簡単に実装できる。
必要なcssはdisplayのnoneとblockのみ。

時間に応じて、イベントを引き起こすことができる貴重な機能です。

tinyscrollとかフローディングメニューとか、たくさんの機能に使用されている重要なメソッド。

毎日何か作らないと覚えたメソッドもプロパティもすぐ忘れる。

ということで、inputタグのvalue要素に任意の文字列を入れる方法。

getElementsByTagNameは、getするElementが複数だから、getElementsと複数形の"s"がついているのだそうです。

getElementByIdの場合は、Elementが単数系なので、取得できるのが一つだけということ。そもそも、1ページ内におけるid名は一度だけだから。

jqueryとか外部ライブラリを使用せずに、自前のソースだけでスムーズスクロールが実現できそう。コードがシンプルになるのがいい。まだいろいろ改善の余地があるなぁ。
スクロールひとつとってもスクリプトの癖で微妙に差が出るのがおもしろい。

あわせて読みたいブログパーツ